GeomagicDesign
株式会社スリー・ディー・エス
株式会社スリー・ディー・エス
横浜市港北区新横浜2-5-5 住友不動産新横浜ビル8F

製品情報・機能比較

製品情報・機能比較

分かりやすいインターフェース

Geomagic Designは、操作体系がシンプルで使いやすい3D CADソフトです。
分かりやすいインターフェースと必要最小限のアイコンは、習得を容易にします。

分かりやすいインターフェース

日本語で提供されているオンラインヘルプとチュートリアルは、3D CAD経験者なら、2時間ほど自習を行えば、30分で実務の設計を行うことができるでしょう。

チュートリアルでは現在、以下のトピックが網羅されています。

  • スケッチと抑制についての基礎
  • 簡単なモデリング
  • 簡単なアセンブリ
  • AutoCADファイルの使用方法
  • 板金のモデリング ※Geomagic Designのみ
  • など

また、3D CAD初心者の方を対象に、基本操作をトレーニング方式で学習できる初級トレーニングにてスムーズなCAD立上げ運用を支援しています。

パーツモデリング


■パーツモデリング Geomagic Design 2013新機能はこちらから

図形のスケッチ

図形のスケッチ

パーツは一般的にスケッチから開始します。
スケッチ機能を使って、デザインスケッチ、図面を作成します。

寸法の定義

スケッチに寸法を追加してサイズを制御します。
1つの図形に複数の寸法を記入できます。たとえば、円弧に半径寸法と長さ寸法の両方を記入できます。


フィーチャ操作

図形に対してフィーチャ操作(押し出し、カットなど)を適用していきます。
フィーチャは、組み合わせてパーツを構成する独立した3D形状を表します。
フィーチャ操作には、マテリアルの追加、マテリアルの削除、フィーチャの複製の3つのカテゴリーがあります。

フィーチャ操作フィーチャ操作
  • ベースフィーチャ操作(例: ボス押し出し)にはスケッチが必要で、そこに体積を追加します。
  • カットフィーチャ操作(例: 薄板押し出し)にはスケッチが必要ですが、体積を 削除します。
  • 他のフィーチャ操作(例:面取り、シェル、フィレット)は、スケッチを使うことなく体積を追加、または削除します。

最初に作成するフィーチャは、ベースフィーチャと呼ばれます。
ベースフィーチャは常に、ボスまたは薄板ボス操作によって、ソリッドボディを作成することによって作成されます。

ブーリアン演算


デザインブーリアン演算機能を使って、パッケージングやモールドデザインなど、特殊な用途のパーツをモデリングすることができます。 "1方のパーツ(ツール)"を使って、"もう1方のパーツ(ブランク)"を編集することによって実行します。
ブーリアン演算ブーリアン演算
  • ブーリアン演算の和は、ツールをブランクに追加します。
  • ブーリアン演算の差は、ツールをブランクから取り除きます。
  • ブーリアン演算の席は、ツールとブランクの重なった部分を表示します。

シェル機能

シェル機能

ソリッドモデルのボディは、空洞化、つまりシェル化することができます。

シェルフィーチャ操作を実行することにより、ソリッドモデルから壁のモデルを作成することができます。
シェルを実行すると、パーツ全体がシェル化されます。

3Dスケッチ

3Dスケッチ3Dスケッチは、1つ以上の図形またはプロファイルからなり、フィーチャの基本の形となります。3Dスケッチは、2Dスケッチと同じように、パーツモデリングとは別の環境で実行します。
3Dスケッチで、ロフトをよりうまく制御できるようにするガイド曲線の作成が可能になります。
また、3Dスケッチを使うことによって、配管やケーブルシステムのモデリングに最適なスイープの作成が可能になります。


サイトポリシー会社概要

Copyright 2010-2014 3ds Co., Ltd. All rights reserved.